競泳の小関選手が代表合宿で暴力

3月まで試合自粛

小関也朱篤選手

 2020年東京五輪の競泳男子平泳ぎでメダル獲得を期待される小関也朱篤選手(25)=ミキハウス=が、昨年11~12月にスペインで行われた日本代表の高地合宿で、炊事当番の時間に遅れた同じ所属の男子選手(23)に暴力を振るっていたことが11日、関係者への取材で分かった。既に所属先から今年3月末までの対外試合出場自粛と日本代表活動の辞退、減俸などの処分を受けた。

 小関選手は、男子選手が練習後にサッカーに興じて一緒に担当することになっていた当番に遅れてきたことに腹を立て、腹部と顎を1度ずつ殴ったという。男子選手は顎に違和感が残っているものの、骨折などはしていない。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。