JR信越線15時間ぶり運転再開

430人が車内で一夜を明かす

積雪のため動けなくなり、乗客が車内に閉じ込められたままのJR信越線の電車=12日午前1時15分、新潟県三条市

 新潟県三条市のJR信越線踏切で普通電車(4両編成)が雪のため立ち往生したトラブルで、電車は線路の除雪作業が終わった12日午前10時半ごろ、約15時間半ぶりに運転を再開した。乗客約430人は11日午後7時ごろから車内で一夜を明かした。

 この影響で信越線羽生田駅でも、後続の上り特急電車と普通電車が停止。乗客計約400人が車内に一時残され、JR東日本がバスを手配し代替輸送した。東三条駅と見附駅でも客を乗せたまま後続電車が止まった。

 立ち往生した電車は新潟発長岡行きで、現場の踏切は東光寺駅から帯織駅の方向に約300メートル。

立ち往生したJR信越線の電車から降り、線路伝いに避難する乗客=12日午前8時13分、新潟県三条市
大雪の影響で立ち往生したJR信越線の電車=12日午前7時58分、新潟県三条市(共同通信社機から)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る