米政権、ダボス会議に大挙

米国第一、反グローバル化訴え

11日、米ホワイトハウスで報道陣に話すムニューシン財務長官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは11日、トランプ大統領がスイス・ダボスで23~26日に開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席する際、ケリー大統領首席補佐官やムニューシン財務長官といったホワイトハウス高官や主要閣僚ら十数人が同行すると発表した。

 ダボス会議が象徴するグローバル化の思想に大統領選中から反対してきたトランプ氏は、高官を連れて「米国第一」の正当性を訴える構え。会議はグローバル化推進と自国中心主義の対立や、トランプ氏が掲げる保護主義の是非を巡り激しい論争となりそうだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。