くまモン自転車、5万台中国疾走 熊本PRへ

©株式会社熊本日日新聞社

中国本土のキャンペーンで使われるくまモン自転車と、県庁を訪れた張会長(中央)=11日

 中国のマーケティング会社サイバーグループ(上海市)は16日から1カ月間、現地の自転車シェア事業にくまモンが描かれた自転車を投入し、街中を走らせる県のPRキャンペーンを始める。熊本の広告塔として5万台のくまモン自転車を用意し、延べ1億回の利用を見込んでいる。

 自転車シェアは好きな場所で借りたり返したりでき、中国で定着している。キャンペーンはシェアサービス大手のofo[オフォ]と連携し、北京や上海など20~30都市で展開する。

 期間中、中国の動画サイトに阿蘇地域や熊本市内を自転車で巡るくまモンの動画も投稿する。2億回の再生を想定しており、熊本観光のPRも狙う。自転車の改装費(約4億円)など費用はすべて中国側が負担する。

 同グループは熊本市に子会社があり、くまモンの新たな活用策を探る県の研究室「くまラボ」メンバー。張瑞麟会長は11日、県庁を訪れ、蒲島郁夫知事にキャンペーンの概要を説明した。

 中国の自転車シェア事業は、返却場所など利用マナーの悪さが課題といい、張会長は「くまモンの魅力は癒やしと萌[も]え。くまモン効果でマナー向上も図りたい」と話した。(太路秀紀)

(2018年1月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

あなたにおすすめ

Curated by

economy