米大統領、アフリカ移民に不満

「くそったれ」と中傷

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで移民制度について議員らと協議した際「くそったれ国家からなぜ多くの人がここに来るのか」などと中傷する言葉を使い、アフリカ諸国やカリブ海の島国ハイチから来る移民の多さに不満を示した。米メディアが出席者の話として伝えた。

 一方でトランプ氏はアフリカなどではなく「ノルウェーのような国」からもっと人を招くべきだと指摘したという。トランプ氏は10日にホワイトハウスでノルウェーのソルベルグ首相と会談したばかり。白人は歓迎する考えとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。