米大統領、アフリカ移民に不満

「くそったれ」と中傷

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで移民制度について議員らと協議した際「くそったれ国家からなぜ多くの人がここに来るのか」などと中傷する言葉を使い、アフリカ諸国やカリブ海の島国ハイチから来る移民の多さに不満を示した。米メディアが出席者の話として伝えた。

 一方でトランプ氏はアフリカなどではなく「ノルウェーのような国」からもっと人を招くべきだと指摘したという。トランプ氏は10日にホワイトハウスでノルウェーのソルベルグ首相と会談したばかり。白人は歓迎する考えとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers