宮古島トライアスロンまで100日 実行委が残暦板を設置

 【宮古島】4月22日に開催される第34回全日本トライアスロン宮古島大会(宮古島市、琉球新報社主催)まで残り100日となった12日、同実行委員会は宮古島市役所平良庁舎前に残暦版を設置した。今年も島を挙げて開催される同大会の始動が告げられた。

 大会長の下地敏彦市長は「いよいよ第34回大会の幕開けを迎えた。みなさんの協力を得て成功させたい」と強調した。琉球國祭り太鼓のメンバーによる勇壮なエイサーも式典で披露された。

 今大会は1700人の出場を予定している。スイム会場は与那覇前浜ビーチのままで、ゴール地点を変更するため1・5キロの2周回コースとなった。【琉球新報電子版】

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。