経産相、13日から中東歴訪へ

石油権益の延長求める

©一般社団法人共同通信社

 経済産業省は12日、世耕弘成経産相が13~16日の日程で、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国を訪問すると発表した。国際展示会に出席するほか、日本がアブダビに保有する石油権益の約6割が3月に期限を迎えるため、政府要人らとの会談を通じて更新を求める。

 14日にはサウジで、フォーラムに出席。約70社の日本企業も同行し、企業間の交流を加速させたい考えだ。アブダビでは、石油権益を日本企業が引き続き確保できるよう働き掛ける。再生可能エネルギー関連の展示会にも出席する。