中国側の尖閣周辺航行に反発

防衛相や沖縄相

 中国軍艦艇による沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域航行を巡り、安倍政権の閣僚が12日、反発した。小野寺五典防衛相は記者会見で、中国側が海上自衛隊艦艇の活動を追跡・監視するのが目的だったと主張したことに反論。「(現場は)国際的に日本の領土、領海に続く接続水域だ。日本の海自が警戒監視をするのは当然で、日本の主張は間違いない」と述べた。

 江崎鉄磨領土問題担当相は会見で「緊張を一方的に高める行為で、深刻に懸念している。わが国の(尖閣諸島を巡る)立場が国内外に正確に伝わるよう、情報発信に努めたい」と力説した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers