「はれのひ」業績好調装う

売上高を過大計上

©一般社団法人共同通信社

 東京商工リサーチは12日、成人式を前に突然休業した振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が、ホームページ上では順調な業績推移を装っていた一方で、2016年9月期の決算では1億5千万円の修正損を計上していたと発表した。担当者は「大きな会社に見せかけようと、売上高を過大に計上したのは悪質だ」と指摘している。

 東京商工リサーチによると、はれのひは16年9月期の売上高を4億8千万円と対外的に公表していたが、実際は3億8千万円だった。営業損益は1億8千万円の赤字、最終損益は3億6千万円の赤字だった。

あなたにおすすめ

Curated by

papers