平昌大会でジャパンハウス開設へ

情報発信拠点で東京をPR

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、平昌冬季五輪・パラリンピックの期間中に、20年東京大会の情報発信拠点となる「ジャパンハウス」を氷上競技が実施される江陵に開設すると発表した。世界各国の大会関係者や観客に対して2年後に迫った開催都市の魅力をPRする。

 東京大会の基本情報や東日本大震災の被災地が復興する様子を映像で紹介するほか、折り紙で日本文化を体験できるコーナーもある。最先端技術を用いて野球・ソフトボールや空手の五輪追加種目などを体験しているようにイメージ写真を撮影できる場所も設ける予定。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers