勘違いし生徒に求婚メール、大阪

63歳教諭を減給処分

©一般社団法人共同通信社

行財政専門情報サービス

全国の新聞社43社と共同通信社が提供する行財政ニュースサービスです。中央省庁や多くの自治体でご利用いただいています。

詳細はこちら

 大阪府教育庁は12日、高校3年の女子生徒にセクハラメールを繰り返し送ったなどとして、府立高の男性教諭(63)を減給10分の1の懲戒処分とした。期間は6カ月相当だが、教諭は3月末で任期が満了する。

 教育庁によると、男性教諭は2017年7~9月、女子生徒の携帯電話に私的なメールを計112回送信。うち18回は「君との結婚生活を考えています」など好意を寄せる内容だった。「自分と結婚してくれるものと勘違いした」と話している。

 この他、高1男子生徒を殴った府立高の男性教諭(54)を減給10分の1(3カ月)、通勤手当を不正受給した教諭ら2人を減給などの懲戒処分とした。

あなたにおすすめ

Curated by

edu-square