外相、2千万ドルの人道支援表明

スー・チー氏との会談で

会談後、記者会見に臨む河野外相(左)とミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=12日、ネピドー(共同)

 【ネピドー共同】河野太郎外相は12日(日本時間同)、ミャンマーの首都ネピドーでアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談した。バングラデシュに逃れたイスラム教徒少数民族ロヒンギャ難民の人道状況改善のため、国際機関を通じて約2千万ドル(約22億3千万円)の支援を実施する考えを表明。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢についても協議した。

 これに先立ち、政府は12日の閣議で、国際機関を通じた支援とは別に、発電機供与など約3億3千万円の緊急無償資金協力を決定した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers