独、大連立本交渉へ政策合意

メルケル氏保守と社民党

©一般社団法人共同通信社

12日、予備折衝を終え、記者会見に臨むドイツのメルケル首相(左)と社会民主党のシュルツ党首=ベルリン(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相率いる議会第1党の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の中道左派、社会民主党(SPD)は12日、大連立政権樹立に向けた予備折衝を終え、本格的な連立交渉の土台となる政策文書に合意した。メルケル氏らが記者会見で明らかにした。

 大連立への反対論が強いSPDは21日に臨時党大会を開き、本交渉入りの是非を正式に決める。本交渉を経て連立政権を樹立するには党員投票にかける必要があり、政権発足は予断を許さない状況だが、メルケル氏は安定政権の樹立へ前進した。