韓国、15日の実務会談提案

北朝鮮の五輪参加巡り

 【ソウル共同】韓国統一省は12日、平昌冬季五輪への北朝鮮参加について話し合う南北の実務会談を、15日午前10時(日本時間同)に南北軍事境界線上の板門店にある韓国側施設「平和の家」で開くことを北朝鮮に提案したと明らかにした。同省の千海成次官を首席代表とする計3人の代表団を会談に派遣するとしている。

 提案の通知文は、北朝鮮が平昌五輪参加を表明した9日の南北閣僚級会談で韓国首席代表を務めた趙明均統一相の名義。北朝鮮首席代表の李善権祖国平和統一委員会委員長に宛て、3日に再開した板門店の連絡チャンネルを通じて北朝鮮側に通知した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。