政府、韓国新要求は即時拒否へ

慰安婦合意受け

 日本政府は12日、韓国が慰安婦問題に関する新たな要求を正式提示した場合、2015年末の日韓合意で決着済みだとして即時に拒否する方針を固めた。複数の日本政府筋が明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、日韓首脳会談の必要性を問われると「現在のところ予定はない」と述べ、早期開催に消極的な考えを示唆した。

 即時拒否は、さらなる謝罪を含む新要求を「全く受け入れられない」と批判した安倍晋三首相の意向を踏まえた対応。首相は合意を「日韓関係の欠くべからざる基盤」と位置付ける。合意で問題解決はできないとした文在寅大統領との立場の隔たりは大きく、両国関係は冷え込みそうだ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。