トランプ米大統領「訪英やめた」

反対デモ懸念か

 【ロンドン共同】トランプ米大統領は12日(米東部時間11日)、英国訪問を「中止した」とツイッターで表明した。英メディアによると、トランプ氏は2月下旬に英国を実務訪問し、米大使館の移転セレモニーに出席、メイ首相とも会談する計画だった。

 英メディアは、就任後初の訪英となるトランプ氏が、国賓としての公式訪問ではないことに不満を示し、反対デモも懸念した可能性があると伝えている。米大統領が就任から約1年たっても訪英していないのは異例。

 トランプ氏は「最高の大使館をわずかな金額で売ったオバマ政権の移転計画は好きではない」と移転を祝えないことを中止の理由に挙げた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。