チェコ大統領選投票開始

現職と対立候補で決選か

 【ウィーン共同】チェコ大統領選の投票が12日、始まった。再選を目指す現職のゼマン氏(73)、チェコ科学アカデミー元総裁のドラホシュ氏(68)ら計9人が立候補。事前の各種世論調査では、ゼマン氏が約30~40%の支持率を得て、2位のドラホシュ氏に約10ポイント差でリードしている。投票は13日も行われる。

 ゼマン氏は地方の支持を受ける一方、ロシアや中国寄りの姿勢、移民難民問題を巡る反欧州連合(EU)発言に対し、都市部の知識層などの反発も強い。第1回投票ではどの候補も過半数の得票は困難とみられ、26~27日に上位2人の決選投票となる見通し。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

NewsPicks

NewsPicks