「人種差別」とトランプ氏に抗議

アフリカ諸国、謝罪要求

トランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領がアフリカやカリブ海諸国を「くそったれ国家」と侮辱する発言をしたとされる問題で、トランプ氏への抗議の声が12日、世界で広がった。アフリカ諸国などが「人種差別」と非難し、謝罪を要求。米国のほか欧州でも批判が相次いだ。トランプ氏は発言を否定している。

 アフリカ連合は「最も強い言葉で非難する」との声明を出し「発言の撤回と世界のアフリカ人への謝罪」を要求。南アフリカなど各国で政治家や外務省が発言を糾弾し、ハイチの駐米大使は「発言したのなら謝るべきだ」と訴えた。欧州では国連人権高等弁務官事務所の報道官が記者会見で批判した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers