トランプ氏発言に各国首脳ら反発

アフリカ、市民も非難

 【ナイロビ共同】トランプ米大統領がアフリカ諸国などを「くそったれ国家」と侮辱したとされる問題で、アフリカでは13日までに市民が非難の声を上げ、各国首脳らも反発するなど外交問題に発展している。

 AP通信によると、南部ボツワナ政府はトランプ氏を「差別主義者だ」と非難。12日に米大使を呼び出して不快感を表明し、実際にボツワナを「くそったれ」と見なしているか問いただした。

 西部セネガルのサル大統領は「アフリカと黒人は尊敬に値する」と反発。東部ウガンダの閣僚からは、今月開かれる予定のアフリカ連合(AU)の会合で対応すべきだとの声が出た。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers