ハーフパイプ決勝、小野塚が3位

フリースタイルW杯

©一般社団法人共同通信社

女子ハーフパイプ決勝 3位に入った小野塚彩那のエア=スノーマス(共同)

 【スノーマス(米コロラド州)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、昨季の世界選手権を制した女子の小野塚彩那(石打丸山ク)が87.00点で3位に入り、今季初めて表彰台に立った。渡部由梨恵(白馬ク)は1回目で転倒し、8位だった。