トランプ氏側、口止め料支払いか

選挙前ポルノ女優に、米紙

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は12日、2016年11月の米大統領選を目前にした同年10月、共和党候補だったトランプ氏側が、以前に関係があったとされるポルノ女優に対し、口止め料として13万ドル(約1400万円)を支払っていたと報じた。

 トランプ氏が経営していた複合企業「トランプ・オーガニゼーション」のコーエン弁護士が、ポルノ女優ステファニー・クリフォードさんに支払ったという。コーエン氏もホワイトハウスの当局者も、2人の関係を否定。トランプ氏が支払いのことを知っていたか、同紙は不明だとしている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers