鶴ひろみさんお別れ会:「みゆき」で共演の荻野目洋子「ただただ残念」

©株式会社MANTAN

「鶴ひろみを送る会」に参列した荻野目洋子さん

 「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役などで知られ、昨年11月に急死した声優の鶴ひろみさんのお別れ会「鶴ひろみを送る会」が13日、東京・青山葬儀所で執り行われ、参列した歌手の荻野目洋子さんが取材に応じた。

 荻野目さんは中学生時代、アニメ「みゆき」で鹿島みゆきの声を演じた鶴さんと共演しており、「突然のニュースを聞く前に、私の中で鶴さんを思い出していて。今だったらどういうふうに声をかけてくださるのかなと思っていたので。ショックでびっくりしました」と心境を明かした。

 さらに「(鶴さんは)声優としては、大、大、大先輩。一度も『もっとこうしたほうがいいわよ』とかもなく、優しく見守ってくださってたんだろうなと。今思えば」と振り返り、「本当に、あのすてきなチャーミングなお声が聞けないのはただただ残念です」と語った。

 「鶴ひろみを送る会」には、「ドラゴンボール」シリーズの悟空役の野沢雅子さん、「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役の戸田恵子さん、ばいきんまん役の中尾隆聖さん、めいけんチーズ役の山寺宏一さんら約400人が参列した。

 

 鶴さんは1960年生まれ、神奈川県出身。「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどさまざまな役柄で知られ、情報番組「NEWS23」のナレーションも務めるなど幅広く活躍した。2017年11月16日に大動脈解離のため、57歳で死去した。

あなたにおすすめ