中日の最年長岩瀬がブルペン入り

チェンジアップも投げる

ブルペンでキャッチボールする中日・岩瀬=鳥取市

 43歳の現役最年長選手、中日の岩瀬仁紀投手が13日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウィング」で自主トレーニングを公開した。チームメートの山井大介投手らと汗を流し「調子は悪くない。体がよく動く」と感触を語った。

 この日はことし初のブルペンで捕手を座らせ、20球ほど投げた。練習では取り組んできたが、試合では投げていなかったというチェンジアップもテスト。調子を落とした昨夏から挑戦を考えていた球種は縦に割れ「もっとスピードが落ちてほしかったが、(縦に落ちるのを)利用できればいい」とうなずいた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る