不妊強制で2月に相談窓口、宮城

弁護団、初提訴は今月30日

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、国に損害賠償請求訴訟を起こす宮城県の60代女性の弁護団が、同様の手術を受けた人向けの電話相談窓口を2月に設置することが13日、弁護団への取材で分かった。

 宮城県の女性は今月30日に500万~1千万円の賠償金を求めて仙台地裁に提訴する方針で、弁護団は、窓口への相談内容によっては、追加の提訴も検討している。

 日弁連によると、旧法に基づく不妊手術は、同意がある約8500件を含め全国で約2万5千件確認されている。弁護団の新里宏二弁護士は「裁判をきっかけに、全国の被害者に声を上げてほしい」と話している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers