日中の若者、北京で合同成人式

文化や芸能体験、交流深める

日本人留学生と中国人学生らによる合同成人式で横井裕・駐中国大使(中央)と鏡開きをする新成人ら=13日、北京の日本大使館(共同)

 【北京共同】北京の日本大使館で13日、日本人留学生と中国人大学生らによる「日中友好成人式」が開かれた。華やかな着物やチャイナドレスで着飾った約150人の若者たちが、ソーラン節や書き初めなど両国の文化や芸能を体験し、交流を深めた。

 合同成人式は今年で8回目。2011年に日本人留学生の発案で始まり、両国関係が一時悪化した中でも毎年開かれてきた。

 清華大に留学中の陶雅澄さん(20)は「日中にはたくさんの橋が架かっている。日中の新成人がいかに互いの理解を深めるかを考えていければいい」とあいさつした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る