J1初昇格の長崎、キャンプ開始

高木監督「変化つけたい」

沖縄県での1次キャンプをスタートさせた今季J1に初昇格する長崎の高木監督(左)とDF高杉=西原町民陸上競技場

 今季J1に初昇格する長崎は13日、沖縄県の西原町民陸上競技場で1次キャンプを開始し、就任6年目の高木監督は「J2の質のままでは駄目。意識やプレーに変化をつけたい」とこれまで以上に高いレベルを求める決意を示した。

 この日はフィジカルトレーニングやパス練習など、約1時間半汗を流した。2週間滞在する沖縄では基礎体力づくりがメインだが「新加入選手とコミュニケーションを深めて戦術やチームを知ってもらいたい」と選手同士、およびスタッフと選手のスムーズな意思疎通の構築に心を配る。2月上旬には鹿児島で実戦練習を中心とした2次キャンプを実施する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む