バスケ、Bリーグ選手が復興支援

オールスター戦行う熊本で

熊本県益城町の仮設住宅を訪問し、地元の児童らと記念撮影するBリーグの選手たち=13日

 バスケットボール男子のBリーグで14日に開催されるオールスター戦(熊本県立総合体育館)の出場選手らが13日、熊本地震の復興支援活動として熊本県益城町の仮設住宅を訪問、地元の児童ら約40人と交流した。炊き出し、遊具寄贈などがあり、田臥勇太選手(栃木)は「みんなに元気になってもらえたらうれしい。一緒に前向きに頑張っていきたい」と語った。

 地元チームの熊本に所属する小林慎太郎選手は「仲間が集まってくれて、子どもたちの目も輝いていた。震災を風化させず前に進むことが大事」と話した。

 オールスター戦には被災した子どもたちや家族が招待される。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む