マインツの武藤が今季4点目

サッカーのドイツ1部リーグ

ハノーバー戦の前半、ゴールを決めるマインツの武藤(左端)=ハノーバー(共同)

 【ハノーバー(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは13日、各地で行われ、マインツの武藤嘉紀は敵地でのハノーバー戦で前半26分に今季4点目となる先制ゴールを挙げ、後半37分までプレーした。試合は2―3で逆転負けした。

 長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトは本拠地でフライブルクと1―1で引き分けた。長谷部はフル出場、鎌田はベンチ外。酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVはアウェーでアウクスブルクに0―1で屈した。伊藤は後半29分から出場し、酒井高は出番がなかった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。