米国防長官、今春訪中へ

対北朝鮮で習氏と会談

マティス米国防長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】マティス米国防長官は今春、就任後初めて中国を訪問する。国防総省のホワイト報道官が12日までに共同通信との単独会見で明らかにした。北京で習近平国家主席や国防相と会談し、北朝鮮の核・ミサイル問題や米中両軍の交流拡大を話し合う見通しだ。米国防長官の訪中は2014年4月のヘーゲル氏以来、約4年ぶりとなる。

 マティス氏は平昌五輪後に朝鮮半島情勢が再び緊迫化する恐れがあることを踏まえ、北朝鮮問題の平和的解決に向けた協力を要請する考え。半島有事を想定した米中両軍の対応や、不測の事態を回避するための両国間の信頼醸成が議題になる可能性もある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む