米ハワイ、ミサイル攻撃の誤警報

住民スマホに、州職員がミス

避難を呼び掛けるテキストメッセージが送られたスマートフォンの画面(AP=共同)

 【ホノルル共同】ハワイで13日午前、弾道ミサイルが迫っているとして、避難を呼び掛けるテキストメッセージが住民のスマートフォンなどに誤って発信された。テレビ画面にも緊急警報が流れた。米太平洋軍はその後「ミサイルは検知されていない」とする声明を出した。ハワイ州のイゲ知事はテレビを通じ、危機管理を担う州の緊急事態管理局職員が誤って警報ボタンを押したと説明し「人為的ミス」だったと謝罪した。

 米メディアによると、トランプ大統領は滞在先の南部フロリダ州で誤報に関する説明を受けた。

弾道ミサイル発射の誤警報に関し記者会見するハワイ州のイゲ知事(右)=13日、ホノルルのハワイ州緊急事態管理局(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers