スノボW杯HP、男子は戸塚3位

連続表彰台、女子は大江が5位

男子ハーフパイプ決勝 戸塚優斗のエア。3位に入り、前回の中国でのW杯に続く表彰台=スノーマス(共同)

 【スノーマス(米コロラド州)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、米コロラド州スノーマスでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子の戸塚優斗(ヨネックス)が94.50点で3位に入った。戸塚は前回の中国でのW杯に続く表彰台。

 安藤南位登(尾瀬ク)は81.25点の7位。優勝は五輪を2度制しているショーン・ホワイト(米国)で、満点の100.00点をマークした。

 女子は大江光が77.00点で5位、今井胡桃(以上バートン)は73.00点の7位、松本遥奈(クルーズ)は8位となった。ケラルト・カステリェト(スペイン)が制した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers