核廃絶へ「希望を武器に」

ICAN事務局長、長崎で若者に

核軍縮を学ぶ若者らとの対話集会に参加したICANのベアトリス・フィン事務局長(左)と川崎哲国際運営委員=14日午前、長崎市の長崎大キャンパス

 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長は14日、長崎大キャンパス(長崎市)で、核軍縮を学ぶ若者らとの対話集会に参加した。フィンさんは「若い世代には希望、エネルギー、ソーシャルメディアという武器がある。世界とつながり、廃絶実現を」と呼び掛けた。

 集会には、大学生や高校生ら約50人が参加。フィンさんは、ICANで若手メンバーが平和運動を引っ張っていることも紹介した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers