希望、民進が統一会派結成へ

幹事長会談で大筋合意

会談に臨む、民進党の増子幹事長(左)と希望の党の古川幹事長=14日午後、東京都内

 希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は14日、東京都内で会談し、国会での統一会派結成について大筋合意した。15日に再会談し合意文書を正式に交わす。22日召集の通常国会までの結成を目指し、両党が党内手続きを進める。会談後、両氏が記者団に明らかにした。実現すれば、衆参両院で野党最大の会派となる。

 ただ安全保障政策や憲法改正への見解の違いから両党内に反対する声があり、今後の了承手続きが紛糾する可能性もある。会談後、古川氏は「安倍1強政治に対峙するためだ」と強調。増子氏も「(党内の異論は)乗り越えられる」と語り、それぞれ反対派の説得に努める考えを示した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。