将棋の女流名人戦、里見が先勝

神奈川・箱根で第1局

 将棋の第44期女流名人戦5番勝負の第1局は14日、神奈川県箱根町で指され、後手の里見香奈女流名人(25)が98手で挑戦者の伊藤沙恵女流二段(24)を破り、先勝した。

 里見女流名人は9連覇が懸かり、伊藤女流二段は初タイトルを目指す。

 第2局は28日、島根県出雲市で行われる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers