今年引退するかも…ルロイ・サネの驚愕宣言!

『The SUN』は12日、「マンチェスター・シティのドイツ代表FWルロイ・サネは、22歳で引退するかもしれないと話した」と報じた。

2016年にシャルケ04からシティに加入したサネ。初年度から26試合に出場し、5ゴールを決めた。

そして今季はさらに目覚ましい活躍を見せており、20試合で6ゴール9アシストとすでに昨季の記録を上回っている。

今夏はドイツ代表でワールドカップへの出場も期待されている彼は以下のように話し、プレミアリーグ、FAカップ、カラバオ・カップと4冠を達成できたら引退するとぶっこんだという。

ルロイ・サネ (今年はワールドカップもあるね?全部優勝したら?)

「もしワールドカップを優勝できたら、僕は22歳で引退するだろうね!素晴らしい年になるだろう。

このシーズンを大いに楽しんでいる。我々のスタイルもね」

【次ページ】「自分がどこまでやれるか楽しみ」

ルロイ・サネ 「プレミアリーグを勝つための大きなチャンスがある。15ポイントも差を付けているのは決定的だね。こんなことになるとは思ってもいなかったよ。

カラバオ・カップでも準決勝に進出しているし、FAカップとチャンピオンズリーグでも残っている。

これは選手たちにとってとても多くの喜びを与えてくれるものだよ。それらの勝利を目指すことはね。

キャリアが始まったときから未来を予測できる選手はいない。これからどこまでやれるのかを確かめたい。とても興奮しているよ。

グアルディオラ監督は、最初の日から僕を成長させてくれた。まだまだ取り組むべき箇所がある。

サイドでの『デュエル』は、僕のやり方さ。若い頃からね。勝てば勝つほど、なおさら好きになるよ」

©株式会社コリー

Curated by

みやビズ

みやビズ