谷垣前幹事長、首相との面会調整

グループ顧問は続投

 自転車事故で昨年10月の衆院選に出馬しなかった自民党の谷垣禎一前幹事長が、早ければ今春にも安倍晋三首相や党幹部らと面会し、けがからの回復を報告する方向で調整していることが分かった。自身を中心とした政策グループ「有隣会」の顧問も続投し、活動を支える方針だ。関係者が14日、明らかにした。

 谷垣氏は幹事長だった2016年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頸髄を損傷、病院でリハビリを続けてきた。その途上だった昨年の衆院解散を機に、後進に道を譲るとして衆院議員を引退した。

 負傷後は公の場に姿を見せていないが、関係者によると、退院して機能回復の訓練を続けている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。