横浜Mポステコグルー監督が意欲

新体制発表

ポーズをとるJ1横浜Mのポステコグルー新監督(後列中央)と新加入の大津(9)、尹日録(25)ら=14日、横浜市内

 J1横浜Mは14日、横浜市内で新体制を発表し、昨年までオーストラリア代表を率いたポステコグルー新監督は「相手チームから恐れられるようなマリノスにしていく。今後も語り継がれるチームにしたい」と意気込み、ボールを保持する攻撃的なサッカーを目指す意向を示した。

 昨季はリーグ5位、天皇杯全日本選手権は準優勝と健闘した。中心選手のMF斎藤が川崎に移籍し戦力ダウンも心配されるが、柏から加入したFW大津は「このチームを背負う選手になるくらいの覚悟で来た」と決意を口にし、韓国代表MF尹日録は「左サイドが得意。突破やクロス、シュートを見てほしい」とアピールした。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers