イラン大統領、核合意の存続確信

トランプ氏の警告に

 【テヘラン共同】イランの穏健派ロウハニ大統領は14日、2015年に欧米などと結んだ核合意の見直しを強く要求した12日のトランプ米大統領の声明を受け「世界のほとんどの国々が国際的な合意を破ろうとする米国に逆らおうと団結している」と非難し、今後も核合意が存続することを確信していると強調した。

 合意見直しがないと判断すれば即時破棄すると警告したトランプ氏の声明後、欧米との対話外交によって核合意を導いたロウハニ師の反応は初めて。首都テヘランで演説した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。