タンカー、日本EEZ内で沈没か

上海沖で衝突

鹿児島県・奄美大島の西の日本のEEZ内で、タンカーから上がる炎と黒煙=14日(第10管区海上保安本部提供)

 【上海、テヘラン共同】中国国営中央テレビは14日、上海沖の東シナ海で6日に貨物船と衝突、炎上しながら漂流して日本の排他的経済水域(EEZ)内に入っていたパナマ船籍の石油タンカーが14日に沈没したと伝えた。第10管区海上保安本部(鹿児島)も沈没したとみて確認作業を続けている。

 中央テレビによると、14日正午(日本時間午後1時)ごろ、タンカーで爆発を伴う激しい火災が発生。船体は大きく傾き、炎や黒煙に包まれて見えなくなり、同午後4時45分ごろに沈没が確認された。海面ではタンカーから流出した油が燃え続けているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。