トルコ旅客機、危うく黒海に突入

着陸後、けが人なし

14日、トルコ・トラブゾンの空港で、滑走路を外れて止まる旅客機(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】黒海沿岸のトルコ北東部トラブゾンの空港で13日夜、トルコのペガサス航空の旅客機が着陸後に滑走路を外れ、機体を斜めにして黒海に突っ込みそうな形で止まった。乗客162人と乗員6人は無事脱出し、けが人はなかった。トルコメディアが14日伝えた。

 旅客機は首都アンカラを出発したボーイング737。乗客らはパニック状態に陥ったという。滑走路を外れた理由は判明していない。空港は一時閉鎖された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

みやビズ

みやビズ