川島の圧巻超反応!なのにメスFW、英雄になり損なう…

©株式会社コリー

13日に行われたフランス・リーグアン第20節、ディジョン対メス。

川島永嗣はこの試合もスタメンで出場。ライバルのトマ・ディディヨンはヘルニア手術のため離脱しており、しばらくはポジションを任されそう。

しかし、キックオフからわずか30秒というところで裏に抜け出され、いきなり失点を喫してしまった。

そんな苦しい展開の中、川島は至近距離からの決定的なシュートを弾く超反応セーブ!さらに61分にもサマリターノの強烈なボレーを描き出した。(動画1:48~)

動画を見たい場合はここをタップ!

川島が二つの決定機を防いだメス、そしてピンチの後にはチャンスがあった…。

【次ページ】89分からのドラマ!

試合終了間近の89分、ヘントから新加入のミリチェヴィッチがボールを奪うと、ノラン・ルーがシュート!これがゴール左隅に決まった。

しかし、チャンスの後にもチャンスあり。その1分後、左サイドからの折り返しからルーが「ごっつぁん」のチャンスを得るも…(動画2:23~)

動画を見たい場合はここをタップ!

なんと、ゴール前1mで完全にフリーだったのに、2度に渡って押し込めず!

これを決めていればノラン・ルーはまさに英雄だったはず。今季苦戦している最下位のメス、こういうところを逃すのはもったいないぜ…。

あなたにおすすめ

Curated by

economy