NY株、初の2万6千ドル超

322ドル高、急上昇続く

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=17日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米企業の利益増への期待感から大幅反発し、終値が前日比322.79ドル高の2万6115.65ドルと初めて2万6000ドルを超えた。最高値更新は2営業日ぶり。上げ幅は昨年11月30日以来の大きさだった。

 ダウ平均はトランプ米政権発足後の2017年1月下旬に2万ドルの大台を突破。今年1月4日に2万5000ドルを突破したばかりで、急上昇が続いている。

 米経済が堅調で企業の経営環境が良好な上、トランプ政権による大規模な法人税減税で利益が増えるとの見方が買い安心感につながった。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。