24歳のサッカー選手、精巣ガンで手術へ 5日前にゴールも

©株式会社コリー

24歳のサッカー選手が精巣ガンと診断され手術を受けることになった。『BBC』などが伝えている。

それによれば、精巣腫瘍が見つかったのは、英3部プリマス・アーガイルに所属するDFライアン・エドワーズ。

彼は1993年生まれの24歳。もとはブラックバーンのアカデミーで育成された大型DFだ。

今季プリマスに移籍すると、ここまで30試合に出場しており、直近のドンカスター戦では値千金の同点ゴールを決めていた。

彼はすぐに手術を受ける予定とされている。