首都ホテル襲撃で18人死亡

アフガン、一夜明け制圧

20日、アフガニスタン・カブールで、襲撃された「インターコンチネンタルホテル」近くを警戒する治安部隊(AP=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブールで20日夜、外国人らも宿泊する地元系の高級ホテル「インターコンチネンタルホテル」が武装集団に襲撃された。内務省報道官は21日、外国人14人とアフガン人4人の計18人が死亡したと明らかにした。ホテルに立てこもって治安部隊と銃撃戦を続けた武装集団も18人とは別に殺害され、発生から約13時間後、同報道官は制圧を宣言した。

 反政府武装勢力タリバンは21日「5人の戦闘員が数十人の外国人やアフガン軍兵士を殺した」とする犯行声明を発表した。地元民放トロテレビは死者が43人に上る可能性があると伝えた。

21日、襲撃事件により煙が立ち上るアフガニスタン・カブールのホテル(ロイター=共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

みやビズ

みやビズ