最も記憶に残る選手のトレード、TOP10

©株式会社コリー

アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドの間で、アレクシス・サンチェスとヘンリフ・ムヒタリャンのトレードが完成しようとしている。

サッカー界ではこれまでも様々なトレードが行われ、その結果もさまざまである。

『FourFourTwo』は18日、「もっとも記憶に残るトレードTOP10」という記事を掲載した。

アンディ・コール&キース・ギレスピー+金銭

クラブ:マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスル

勝者:マンチェスター・ユナイテッド

2連覇を果たしていたユナイテッドであるが、1994-95シーズンはブラックバーンに屈して2位に終わる。

夏にはマット・バズビー時代から多くのタイトルに貢献してくれた選手たちを放出することを決めた。

そして、その中でニューカッスルと関係がこじれていたアンディ・コールを獲得すると…後はご存じのとおりである。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ&サミュエル・エトー+金銭

クラブ:バルセロナとインテル

勝者:インテル

ジョゼップ・グアルディオラ監督は現代でもっとも優秀な指揮官かもしれないが、この取引に関しては大失敗だった。

マンネリ防止か、2009年にあらゆるものを獲得したチームに変革をもたらそうとした。エトーを放出し、さらに大きなお金をプラス。イブラヒモヴィッチを手に入れた。

しかし、ジョゼ・モウリーニョのインテルがこの取引の勝者であった。CL準決勝でそのバルセロナを破り、優勝も果たした。

一方、バルセロナでイブラは活躍できず、関係もこじれてしまい…。

ファビアン・カリーニ&ファビオ・カンナヴァーロ

クラブ:インテルとユヴェントス

勝者:ユヴェントス

インテルは2004年にファビオ・カンナヴァーロを放出し、ウルグアイ人GKのファビアン・カリーニを手に入れた。

リリアン・テュラム、ジャンルカ・ザンブロッタ、ジャンルイージ・ブッフォンらとともに強力な守備ラインを形成し、カンナヴァーロはのちにイタリア代表をワールドカップ優勝にも導く。

一方、インテルでカリーニはほとんど起用されることがなく、3年間で4回しかプレーしていない。

ロベルト・カルロス&イバン・サモラノ

クラブ:レアル・マドリーとインテル

勝者:レアル・マドリー

チリの点取り屋サモラノは、レアル・マドリーがリーガ・エスパニョーラを制覇するために大きく貢献した。

しかし、ラウール・ゴンサレスの台頭が彼の立場を崩してしまい、ロイ・ホジソン率いるインテルでプレーしていたロベルト・カルロスと交換することになった。

そして、ブラジル出身のレフトバックは世界一のDFとして知られるようになり、サモラノは1+8の背番号で有名になった。

フランチェスコ・ココ&クラレンス・セードルフ

クラブ:ミランとインテル

勝者:ミラン

2002年に行われたミラノのライバル同士によるトレードは、あまりにも大きな明暗が分かれるものになった。

「新しいパオロ・マルディーニ」とまで呼ばれていたフランチェスコ・ココは、ミランからインテルへ。

そしてクラレンス・セードルフはインテルからミランへ。その後彼はチャンピオンズリーグ2回を制覇し、伝説の選手になった。

なお、ココは現在不動産業で働いているという。

アシュリー・コール&ウィリアム・ギャラス+金銭

クラブ:アーセナルとチェルシー

勝者:チェルシー

どちらの選手も、友好的にクラブを去ったことがあまりない。

アーセナルで打診された給与の額に納得することが出来なかったアシュリー・コールは、退団を希望。

その結果、アブラモヴィッチ体制となったチェルシーがウィリアム・ギャラスを提供し、金銭を足したトレードが合意に至った。

コールはチェルシーに欠かせないイングランド屈指のサイドバックとなり、ギャラスは背番号10で話題になった程度だった。

ジャーメイン・デフォー&ボビー・ザモラ+金銭

クラブ:トッテナム&ウェストハム

勝者:トッテナム

どちらにとっても物事がうまく運ぶトレードというのはあまり存在しない。

デフォーはウェストハムで間違いなく才能を見せていたし、たくさんのゴールを決めていた。それはトッテナムに来ても変わらなかった。

ボビー・ザモラはトッテナムで苦しんでいたが、ウェストハムへ行って復活。ブライトン時代ほどではなかったが、才能を見せた。

リカルド・クアレズマ&デコ+金銭

クラブ:バルセロナとポルト

勝者:バルセロナ

技術的な高さで知られたデコは、ポルトを2004年のチャンピオンズリーグ優勝に導き、EURO2004でポルトガルを決勝に引き上げた。

彼はバルセロナに加入することを望み、その代わりにアウトサイドの魔術師クアレズマがポルトへ加入した。

フランク・ライカールトの下で活躍したデコは2回のリーガタイトルを獲得し、またチャンピオンズリーグも勝利した。

クアレズマもポルトガルでは活躍を見せたものの、ビッグクラブではどうも成功できないカルトヒーローになった。

ネマニャ・マティッチ&ダヴィド・ルイス+金銭

クラブ:ベンフィカとチェルシー

勝者:チェルシー

チェルシーのポリシーは、有望な若手選手を様々なところに貸し出し、価値を高め、トップチームに必要でなければ取引の材料として使うということだ。

ベンフィカの重要な選手だったダヴィド・ルイスは、2011年にマティッチとの交換でチェルシーへ。

マティッチもポルトガルで成長を見せ、のちにチェルシーへと買い戻された。両者が選手として利益を得ることになった。

また、チェルシーはダヴィド・ルイスもPSGに売ってから買い戻している。

イアン・ライト&トレーニング機器

クラブ:クリスタル・パレスとグリニッジ・ボロー

勝者:クリスタル・パレス

後にアーセナルのレジェンドとなるイアン・ライトは、22歳までアマチュアのグリニッジ・ボローでプレーしていた。その時の給与は僅か30ポンドだったという。

クリスタル・パレスは彼を獲得しようとしたとき、グリニッジ・ボローの環境を見て条件を提示した。

その結果、練習のためのウェイトと引き換えにイアン・ライトはクリスタル・パレスへと移籍した。

その後の活躍を考えれば、安すぎた取引だ。あのウェイトはいったい今どこにあるのか。