東京地方に大雪警報 今夜遅くにかけて交通障害に警戒を

©株式会社ウェザーマップ

東京都心は午後2時前後から雪が積もり始め、午後2時半には23区を含む東京地方に大雪警報が発表された。これから夕方に帰宅ラッシュを迎えるが、大雪による立ち往生等、各種交通機関の乱れに警戒・注意が必要だ。

 東京など関東地方は午前中から雪となった地域があったが、午後は降雪の範囲が広がり、気温が0℃前後まで下がるなど、内陸を中心に積雪しやすい状況となっている。都心では午後2時頃から、街路樹や車の屋根などが白くなり始めた。午後3時の積雪は東京(北の丸公園)で3センチ、横浜市3センチ、水戸市2センチなど。

 東京地方は今夜遅くにかけて、いずれも多い所で、多摩西部20センチ、多摩北部・南部15センチ、23区でも10センチの降雪が予想されている。今後も、各種交通機関の運行状況や、最新の大雪情報に注意が必要だ。