捏造論文は「血液脳関門機能を持つ構造体作った」

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 京都大によると、捏造が指摘されたiPS細胞研究所の論文は昨年発表され、有害物質が脳に入るのを防ぐ「血液脳関門」の機能を持つ構造体を、iPS細胞を使って体外で作り出すことに成功したという内容。

あなたにおすすめ