米、自由の女神に客足戻る

観光客、正常化に安堵

©一般社団法人共同通信社

22日、一般公開が再開した自由の女神像=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】米連邦政府機関の一部閉鎖で業務が停止していたニューヨークの観光名所、自由の女神像の一般公開が22日朝、再開し客足が戻り始めた。ニューヨーク州政府が連邦政府に代わって運営経費を肩代わりした。同日午後には米議会の与野党協議の決着でつなぎ予算が決まり、観光客からは安堵が広がった。

 自由の女神像があるリバティー島に交際女性と共に訪れた英国人男性(28)は「滞在中に自由の女神を見られないかと心配したが、正常化して良かった。政争によって観光に影響を与えないでほしい」と語った。

 自由の女神像と、近くに浮かぶエリス島は閉鎖を受け2日間休業した。

あなたにおすすめ

Curated by

economy