【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。

©株式会社産業経済新聞社

産業用ドローンから水中ドローンまで豊富な取り扱い商品

 CFD販売は、メモリやハードディスクにWifiルーターなどのPC周辺機器を開発し販売するメルコグループのメルコホールディングスが100%出資する販売会社。これまで、PCパーツや周辺機器を中心に、販売だけではなく開発や製造も手がけてきた。 ロボデックス2018の展示コーナーでは、国内初となるエアロセンスの販売代理店として、AEROBO本体や測量用のAEROBOマーカーなどを展示していた。エアロセンスのAEROBOドローンは、ソニーが「ソニーのドローン」として紹介したこともあり、来場者からは高い関心が寄せられていた。
 また、CDF販売はDJI製品の他にも、水中ドローンで注目を集めるPowerVison社のPowerRayも取り扱い、会場でも水槽を用意して実機の展示を行っていた。