「終末時計」過去最短の残り2分

米誌、1953年と同じ

地球最後の日までの時間を残り2分と表示する「終末時計」。米誌メンバーらによって発表された=25日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は25日、地球最後の日までの残り時間を概念的に示す「終末時計」の時刻を残り「2分」と発表した。これまで最も短かった1953年と同じ。

 昨年1月には、トランプ米大統領の誕生や、同氏の核兵器や地球温暖化に対する発言、地球規模で悪化する治安状況などを理由として、針は残り2分30秒を指していた。米国と当時のソ連の間で水爆開発に向けた核実験競争が過熱、残りが最も短かった1953年の「2分」に次ぎ、翌54年以降で最も短くなった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

ORICON NEWS

ORICON NEWS